「優れたアーティストのユニークな視点と仕事」と、地域の「人材、資源、課題」をつなぐアートプロジェクト​​​​​​​
「せんだい・アート・ノード・プロジェクト」。
その、「art node」2020年度の第一回目となる「Talk【神楽って何ですか?】 〜装束からはじめる郷土芸能〜」にて、
「入場料 おひねり」のデザイン・設計協力というカタチで参加させていただきました。
「おひねり」とはお米やお菓子、お金を紙に包んでひねったもの。
昔は神仏へのおそなえでしたが、その後芝居のご祝儀、感動・感謝の気持ちを伝えるために舞台へ投げ入れられるようになったものです。
お金を包む紙には、毎年8月に開催される「仙台七夕まつり」で使用される装飾の端材を活用させていただきました。
表紙に使用している紙も、社内製造工程で出てくる端材を利用しています。
【イベントレポート】
https://artnode.smt.jp/report/20200304_7565
BACK TO TOP