京屋染物店さんと縦糸横糸合同会社さんが
企画・運営する【鹿踊り応援イベント】にて
使用する「シシガシラキット」の
設計・制作を担当しています。
-------------------------
岩手県には、昔から脈々と伝えられてきた
郷土芸能がいまも数多く残っています。
鹿踊り(シシオドリ)も、そのひとつ。
私たちの先祖が、鹿や猪、熊など
「シシ」と呼んだ獣を狩って命をいただき、
生きる糧としていた時代。
その命をいただくことへの感謝と
供養のために舞を踊ったのが
鹿踊りのはじまりでした。
いつしかそこに人の命への供養や、
豊作祈願の意味も加わり、
祭りやお盆の時期に踊られる踊りとして
地域の人々に愛されながら続いています。
今、2年も続くコロナ禍において、
各地の祭りや催事が中止になり、
郷土芸能を披露する機会が減少しています。
収入減、継承者不足により、活動を
継続させていくことが難しい状況です。
こうした現状から脱するためにも、
郷土芸能の披露・交流の場をつくり、
踊り手も見る人も一緒になって楽しみ
見つめ直すことでこれからの
継承へと繋げていきたいと考え、
今回のイベントを企画しました。
このイベントが、郷土芸能への興味関心と
支援、そして今後の継承につながることを
願っています。
BACK TO TOP